google-site-verification=4SicM2ThssXMC4i5XALUXAPWkzyp5QN1-2tOW20

睡眠

vol5.眠りのゴールデンタイムを高めるポイント3つ

vol.3と4では”睡眠の役割と仕組み“についてお話しました。vol.5では眠りのゴールデンタイムを高めるためのポイント3つをご紹介します。

また、寝不足を普段実感していない方にとっても、睡眠を見つめ直すことは大切です。

慢性的な睡眠負債は、睡眠不足感を自覚しないことがある。

寝不足でもそれを自覚できていないって、考えてみると怖いですよね。今からポイント3つお伝えしていきますが、具体的な方法はvol.6のコラムでお伝えします。

1. 就寝・起床時間の固定化

就寝時間と起床時間を固定化することのメリットは3つあります。

  1. 体内時計を1日24時間にリセットできる
  2. 日中の眠気の時間が短くなる
  3. 寝る前に睡眠が起きやすくなる

2. 体温のコントロール

深部体温は日中高く、夜にかけて下がることで臓器・筋肉・脳を休ませようとします。皮膚温度と合わせてコントロールすることができれば、質の高い睡眠をえられます。

3. 脳のコントロール

脳を少しずつ夜モードにしていきましょう。

  • 音楽をアップテンポにしない
  • 室内の明かりを少しずつ落としていく
  • 作業は単調なもの中心に行う

などなど。

お仕事や習い事が終わり、就寝までの自分だけの時間を有意義に過ごしたくなりますよね。

脳を夜モードにしてあげないと興奮状態のままベッドに入っても、すぐに寝付くことができづらくなります。

入眠時間と精神的健康度との間に強い相関があり、睡眠時間よりもスムースに寝付けないことが最も苦痛な状態。

このようなことも言われています。もう1度、就寝前の過ごし方を見つめ直してみましょう。


次回はいよいよ睡眠コラム最終章です。今回お伝えした3つのポイントをもとに、今すぐできる具体的な方法5つご紹介します。

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP