google-site-verification=4SicM2ThssXMC4i5XALUXAPWkzyp5QN1-2tOW20

睡眠

vol.2~睡眠の量と質~

睡眠の量と質

入眠時間と精神的健康度との間に強い相関があり、睡眠時間よりもスムースに寝付けないことが最も苦痛な状態

想的な睡眠時間は7~8時間です。ですが、忙しい毎日を送る現代人にとって7~8時間の睡眠を確保することって難しいですよね。

ですので、睡眠の量(時間)に加えて睡眠の質を高めていくことが現実的なのかもしれません。

睡眠の質をセルフチェックしてみましょう

  1. 頭が重い・頭痛がする
  2. 寝たのに眠い
  3. イライラする
  4. いびきをかく

当てはまる項目が多いほど、睡眠が上手にとれていない可能性があります。

睡眠のゴールデンタイム

金色の時計の写真

入眠後、最初の90分間が眠りのゴールデンタイム

睡眠欲はこの時間が最も高く、自律神経の調節成長ホルモンの分泌脳のコンディションを整えてくれます。

また、不眠の問題が自覚された人は、そうでない人に比べてうつ病の発症リスクが2倍あると言われています。

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP