熱中症

脱水症状のセルフチェック vol.2

前回のコラムでは脱水症状のチェックポイントとして、下の項目を挙げました

  • 尿の色
  • 汗の性質
  • 体重減少
  • 喉の渇き
  • 唇・口腔内の乾燥
  • 爪・皮膚の状態

本日は汗の性質と体重減少についてです。

汗の性質については、ベタベタしている・乾きにくい・においが強いというような汗は脱水症状のサインです。

暑熱順化できていない場合に汗を出す汗腺の機能が低下し、不快な汗となります。

冷房環境にいる時間が長い人は汗腺機能が低下しやすいので注意が必要です。

暑さに慣れることも、しっかり汗をかけるようにすることも、熱中症予防に大切です。

体重減少については、運動前と運動後の体重変動がポイントになります。

運動前に比べて「2%」減少していると、脱水のリスクがあります。

たった2%で?

そう思われる方もおられるかもしれませんが、体重で言えば、60kgの人で−1.2kgの体重減少。

1リットルのペットボトル以上の水分が失われているということ。

相当な水分量が失われています。

こまめに水分補給をしていないと、いつの間にか脱水になってしまっていることも。

喉が乾く前に、頻回に水分補給をする必要があります。やはり、予防が大切ですね。

皆さん、気をつけましょう

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP