栄養

朝はパン派?ご飯派?

皆さんは、朝ごはんを食べていますか?

「時間がない」「朝から食べる気にならない」などから朝ごはんは食べず、お昼にがっつり食べられている方も少なくないと思います。

朝ごはんを食べない、あるいは前回お話ししたカテゴリー1の食品を摂らない習慣は変えるべきです。

なぜでしょうか?

朝食は英語では「Break fast」と一般的には呼ばれます。「Morning」ではないんです。

Break fast(朝食)の意味はBreak(壊す、打破する)、Fast(断食、飢餓)という意味を繋げた語源になります。

なんて意味のある魅力的な言葉なのでしょう。

日本人の一般的平均睡眠時間は約6.5時間〜7時間と言われています。

この時間は飲食をしておらず、体内はエネルギーが枯渇されている状態になります。そこからさらに枯渇を防ぐには、体内にエネルギー、特にカテゴリー1の食品を摂取することで、枯渇を防ぎます。

朝食を食べなかった場合はどうなるでしょう。

睡眠時間に加え、昼食を食べるまでの時間が加算されますから、さらに枯渇された状態は持続します。

この状態で昼食を食べると、枯渇していたものを補おうとするため、食べたものが蓄積されやすくなります。

全てがエネルギーに変われば問題ありませんが、限度があり、それを超えて体内に入ってきた糖質は全て脂肪へ変化します。

これが太るメカニズムの1つです。

今まで健康のために実施していた朝食にフルーツのみや、スムージーを飲むだけだと、体内はエネルギー不足に陥り、次の食事で蓄えられやすい身体へ変化していってます。

パンやご飯、どちらでも大丈夫です。

まずは朝ごはんでカテゴリー1の食品を摂取することから始めませんか?行動が変われば習慣が変わります。

ぜひ、実践してみてください。

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP