熱中症

熱中症とは?岡山県の搬送者数は全国3位

熱中症とは、一般的に屋外の暑い環境(屋内でも起きます)で、運動や仕事をする中で生じた熱がヒトの体温調節の限界を超えて高体温の状態が続くことで生じるものです。

総務省による熱中症救急搬送状況のデータが出ていますが、国内では梅雨明けの7月頃から熱中症による搬送患者が急増し、8月にピークを迎えると言われています。

実際は、今年もそうですが5月頃から急に暑くなって、6月現在ですでに30℃を超える気温となっていますので、熱中症になる方はすでにかなり多くなっています。

昨年のデータですが、熱中症で搬送された人は5月だけで全国で4,448人。5月から9月の合計でみると71,317人もいたようです。

人口10万人当たりの搬送者数で見ると、なんと、岡山県は75.36人で全国3位なんです。

晴れの国といわれる岡山、熱中症には要注意ですね。

この暑さで最も厄介なのが、梅雨の時期に増加する「湿度」先日、岡山も梅雨入りが発表されました。ジメジメして、汗だく、髪がうねる・・・

日々、不快に思われている方も多いと思います。

この梅雨による「湿度」こそが熱中症の一番のリスク要因。

今年はコロナウイルスの影響で外出自粛による運動不足、体力低下。さらに追い討ちをかけるかのように、毎日のマスク装着。。。

本当に今年の夏は大変なことになるかもしれませんね。しっかり水分補給して、対策していきましょう!

熱中症のさらに詳しいことについては、また次回以降で、少しずつお伝えしていきます。

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP